妊活

もしかして不妊?妊活してるのに子どもができないと感じたら

投稿日:

排卵期とされる時期に夫婦生活をしているのになかなか子どもをさずかれない。

不妊治療も考えたほうがいいのかな、と次のステップに入る前にできることをご紹介します。

そもそも不妊って?

 

不妊とはどんな人のことを言うのでしょか。

定期的に性生活を送っているのに2年以上妊娠しない場合を「不妊症」といいます。これは産婦人科的にはこの期間を言っていますが、世界的には1年たっても妊娠しないことを不妊症としているようです。

もしあなたが1年以上赤ちゃんを授かれないのであれば次のステップを考える時なのかもしれません。

不妊は女性が原因と考えれていましたが、男性が原因で不妊にであることも解明されてからは、男女半々がの割合であることが分かっています。

不妊の原因が複数重なりあっていることもあり、実際クリニックなどで診てもらわないとわからないこともあります。

不妊治療はハードルが高すぎ!?まずできるこをしよう

 

不妊治療はお金がかかるし、何となく治療と聞くと不安、とほとんどの方が不妊治療のために病院にかかることを躊躇してしまいます。

病院にかかる前にできることがあります。それでも思うようにいかない場合に通院を考えても良いかもしれませんね。

基礎体温で自分のカラダを知る

妊活をしている方で基礎体温を計測していない方はすぐにでも実践していただきたいのが基礎体温グラフをつけることです。

基礎体温を継続して測り、きちんと毎日記録することで自分のカラダや月のリズムが分かってきます。

生理や排卵を把握することはとても大事なことです。実際、計測してみたら排卵のタイミングがずれていた、というのはよくあることです。生理開始から2週間後が排卵日だと決めつけていた人もいて、基礎体温を付け始めてはじめて気づいた人も多くいます。

また、低温期と高温期とはっきり2層に分かれていない場合もあり、その場合は無排卵である可能性もあります。生理がきちんとあっても排卵していなかったことで妊娠できなかったという方も実は多くいます。

 

高温期と低温期が2層に分かれていなくても、高温期が短かい場合にも無排卵、黄体機能不全の可能性もありえます。

基礎体温から排卵期を判定するのは100%ではありませんが、正常であれば毎月同じような感じが続いてくるので特定しやすくなります。

より正確に知りたい場合は、排卵検査薬を用いることで更に特定できます。病院に行って排卵日を特定してとらうこともできますので、より正確さを求めるのであれば通院も考えても良いかもしれませんね。

身体を冷やさない

冷えは女性の天敵と昔から言われるように、身体を冷やすと不妊の原因になります。

身体全体の血液循環が悪いと当たり前ですが身体が冷えます。身体が冷えると子宮や卵巣も冷やしてしまうことから生理痛や生理不順にもなります。

また、子宮筋腫や子宮内膜症なども引き起こしやすく着床の妨げになってしまうことから不妊に繋がってしまいます。

冷えに繋がること

・喫煙や飲酒

・冷たい食べ物や飲み物

 ・シャワーだけで済ませる

・運動不足

・身体を締め付ける服

普段何気にしていることが冷えに繋がっていることがあります。

夏でも冷房の効いた部屋では靴下を履く、腹巻をして寝る、シャワーだけでなくきちんと湯船につかり身体を温めるなど普段からできることを継続して冷えから守りましょう。

また、子宮を温めると言われるよもぎ蒸しなどのあるサロンに定期的に通うのもいいかもしれませんね。

身体を冷やさないことで妊娠に繋がったケースも少なくないのです。

生活の改善をする

生活の改善ではまず、食生活の見直しはとても重要です。偏った食事は不妊の原因です。また、太り過ぎ、痩せすぎもホルモンバランスに大きな影響を与えてしまいます。

当然のことですが、ホルモンバランスにダメージを与えてしまうと妊娠しずらくなります。

過度なダイエットや暴飲暴食は月経サイクルの妨げとなるため不妊に繋がります。

元気な卵子と精子を作るためにはバランスのとれた食事をこころがけることが基本です。

また、適度な運動はカラダのバランスを整えるのに適しているためぜひ取り入れてほしいです。女性機能に効果的なストレッチやヨガなどがおすすめです。

ストレスをためない

 

ストレスは不妊の大きな原因とも言われていて、仕事をしている女性は不妊の方が多いのが特徴です。

仕事をしているとどうしても不規則な生活になってしまうため、妊活のために思いっきって一度仕事を離れてみることも考えてみてもいいかもしれません。

ただ、いざ不妊治療をはじめようとなった時にはお金がかかりますので夫婦でよく話しあっておくと良いですね。

仕事を辞めた途端、妊娠した、という方を私は多く知っています。ストレスから解放されたのと、生活のリズムが整ってきたことが妊娠に繋がったのかもしれません。

簡単に仕事を辞めるのが難しい場合がほとんどかと思いますので、日頃からストレスをためないことが妊娠への近道になるかもしれません。

サプリメントを摂取するのも効果的

 

今では、妊活のためにサプリメントを飲用している方は多くいます。

実に私もその1人でした。年齢的にも厳しかったのもサプリメントをとり入れた要因です。

35歳以上の女性の場合、卵子の老化が原因である卵子の質の低下です。

卵子の老化についてはこちらで詳しく書いてます⇩⇩

 icon-sign-out アラフォー 卵子老化で流産を経験 その後半年で妊娠できた私の秘密

 

高齢になると流産の確率が上がるのも、一つとして卵子の質が原因だからです。せっかく妊娠しても流産してしまったらまた、妊活をはじめなくてなりません。

私がそうでした。妊娠したのを喜んでいたら流産…もう妊娠できないのでは、と生理が来る度に落ち込みました。

そこで知ったのが、卵子の老化でした。流産も卵子の質の悪さが原因だったかもしれないと考えたら、卵子の質をあげることを考えサプリメントを飲用しはじめました。

私が飲用していたサプリの口コミや詳細はこちら⇩⇩

  ミトコアの口コミは嘘なのか?実は喜び報告がすごかった

 

もう38歳という危機感もあり、卵子はどんどん老化していくだけ。これを食い止めることができるならと藁にもすがる思いで飲み続けること半年近く、めでたく授かることができました。

今やっと安定期に入りましたが、今回の妊娠もここまで来るのには大変でした。

切迫流産と診断されほとんど寝たきりの生活でした。また流産してしまうの、と不安な毎日でここまで来るのにとても長い月日に感じました。

妊娠して喜ぶのが普通なのでしょうが、私のように一度流産を経験すると、今回は大丈夫だろうか、と不安で不安で仕方ないのです。

流産が卵子の質によるものだったのかも、と後悔した時には遅く、高齢だったのだからもっとちゃんと妊活のことについて詳しく調べるべきだったと思いました。

私のように卵子が老化するなんて考えてない人はたくさんいるはずです。卵子の数がどんどん減っていくことも知らなかったほど、高齢妊活に無頓着すぎたことを反省しています。

ただら不妊は卵子の質だけによるものではなく、ストレスなどからくるホルモンバランスの影響も大きく関係しています。

生理不順や妊娠力を高めるために、マカのサプリメントが効果的です。

私は、なんせ妊娠できるチャンスを逃したくないと2種類のサプリメントを飲用していました。どちらかが効果的だったとは言いきれませんし、どちらも飲んでいたことが正確だったのかもしれません。

先がないと焦ったあまり2種類をとり入れてしまいましたが、自分にあったサプリメントを上手にとり入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

妊活をするために足りていなかったことはありましたか。基本的なことかもそれませんが、意外とできていない方が多くいます。

しばらく妊活を続けているけど先が見えない、と感じているのであればまず、実践することが大切です。

また、サプリメントをとり入れることで嬉しい変化が見られることは少なくありません。

基本的なことをと入れプラス、サプリメントにも頼ってみるというのも妊娠への近道に繋がるかもしれません。

-妊活

Copyright© 高齢でも妊活に成功ママと赤ちゃんに役立つお部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.