ダイエット 妊娠・出産

産後ダイエットの簡単な方法

投稿日:

出産を終え、自分のに体型を見てガックリなんてありますよね。

私もそうでした。「何、このお腹のたるみ」とショックを受けました。

なんとかしなきゃとは思うけど、なかなかそんな時間もないし、そもそもやる気もないし。徐々に減っていくだろうとあまく考えていたくらいです。

産後1ヶ月後から必ず骨盤ベル

産後は骨盤が不安定な状態にあり、歪みやすくなっています。

骨盤は半年かけて元に戻りますが、それまでは骨盤ベルトなどでサポートすることが重要です。歪んだままの状態ですと、下半身太り、尿漏れといった様々なトラブルがおこります。

 

姿勢も悪くなり、O脚、X脚の原因にもなります。また骨盤が開いたままだと、頑張ってダイエットしてもやせにくくなります。

痩せにくいうえに、体型まで崩れてしまいます。

 

ダイエットをするうえで、骨盤ケアはとても大事になってきます。

骨盤を締めるとことで、姿勢もキレイになり、ダイエット効果もあがります。

その他に、体調不良の一つに骨盤の歪みが原因であることもあります。骨盤周辺の血流やリンパの流れが悪くなることで、むくみ、冷え、腰痛などを引き起こしてしまうのです。

そうでなくても産後は体力が落ちているのに、それに加え体調不良まで引き起こしてしまってはなかなか思うように赤ちゃんのお世話も困難になってしまいます。

 

骨盤は体の重心とも言えるとても大事なものです。骨盤ベルトや、骨盤を整える下着などで骨盤ケアを必ずしましょう。

頑張って運動するのではなく、着用すればいいだけですので簡単です。

半年はサプリメントに頼ってみる

まず、痩せたくても運動する時間なんてないですよね。赤ちゃんのことでいっぱいいっぱいでそれどころではないはずです。

でもお風呂に入る度に落ち込んでしまう。よくある話しです。

「明日から頑張ろう」と思っても、そんな時間がどこに?悪循環の繰り返しで、月日だけ過ぎているはずです。

 

私は「安心感」だけでも欲しくてサプリメントから飲むことにしてみました。

そこで大事なのは「運動できないけどサプリ飲んだから大丈夫」と必ず思うことです。

「こんなの飲んで痩せる?」とマイナスにならないことです。とにかく良い方にしか考えないこと。

 

産後半年位までは自分に甘くいた方が、後々ダイエットは成功します。

少しずつ赤ちゃんのお世話も落ち着いてきた頃に、軽い運動から取り入れていき、一気に体重を落とすことを考えず、徐々にやって行った方が体のラインが全然ちがいます。

 

一気に痩せようと食事制限すると、筋肉も落ちて見た目がただ細いだけになってしまいます。げっそり感がでてしまい老けて見えてしまうことさえあります。

まずは半年を目処にサプリメントでカバーしつつ、徐々に運動を取り入れていきましょう。

運動を始める目安と取り入れ方

運動をしたいけどなかなか時間がなく、「いつになったら始められるの」と、悩んでしまいますよね。

運動をする時間を作ろうと無理をせず、ちょっとした時間に軽い運動をする、と決めれば気持ちの面でも楽です。一気にやろうとせず、ちょこちょこっと短時間でやってみましょう。

 

私が実践した方法は、家事と家事の合間だったり、料理をしている途中(煮込んでいる間など)だったり、朝の洗顔後ときりのよいところで1~2分ほどスクワットをしました。

これが結構効いて妊娠前に履いていたGパンが余裕で入るようになりました。

これは2歳になる娘がいる今でも続けている方法の一つです。

 

始める目安としては、赤ちゃんのお世話にもなれた頃の3ヶ月~6ヶ月くらいでいいと思います。

もちろん疲れてたり、忙しすぎてできない日もありました。毎日やらなきゃいけないとストイックになりすぎないこと。

「できれば毎日やる、できない時は諦める」くらいの気持ちが大切です。

 

一番よくないのがやめてしまうこと。できない日もあるけど、できる日はやることを継続しましょう。

そうすると、気づいたら体型がよくなってきているはずです。

少しずつ本気を出す

本気を出すと言っても、これまた面倒だと続きません。

スクワットにプラスで何かをすればいいだけです。

 

私は日によってメニューを変えてやっていました。例えば、子供を寝かしつける時に布団で、腹筋に力を入れて足上げをしたり(昼寝もするので1日にた回できた)、椅子に座りながら腹筋に力をいれて足を上げ下げしたりと、気づいた時にやるようにしていました。

後は、スクワットをする際につま先立ちで行うことで、脚全体の筋肉を使うこともしてみました。

こうした積み重ねが後々結果として現れます。

 

そして、1歳近くになる頃にはヨガを取り入れていきました。

ヨガは体の巡りを良くしてくれるほか、リラックス状態に入れるため、やるのとやらないのとでは心の安定差も変わります。

だんだんと重くなってくる赤ちゃんの抱っこで肩こり、腰痛といった不調も増えてきます。私も肩こりが酷く頭痛もあったのですがヨガのおかげで楽になりました。

 

いつも自分のペースでいいので、少しずつメニューを増やして無理なく進めていきましょう。

まとめ

いつからダイエットを始めるかは、ママの体調、赤ちゃんの様子をみながらきめましょう。

生活リズムが整うまでは時間がかかります。

そこで無理をするとつづきません。

時間をかけて妊娠前の体型に近づければいいのです。

あまり頑張らないことを私はおすすめします。

-ダイエット, 妊娠・出産

Copyright© 高齢でも妊活に成功ママと赤ちゃんに役立つお部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.