子育て

おすすめベビーグッズを実際に使ったママの感想

投稿日:

これから生まれてくる赤ちゃんのために何が必要なんだろうと悩んでるママは多いのてはないでしょうか。

私が実際使ってみたオススメを紹介させてもらいます。

現在20歳の息子の時代ではなかった便利なものが今ではたくさんあります。
今、2歳を妊娠中の時はありすぎて逆にま 迷ってしまいました。

定番のものをはおさえておくと間違いないかもしれません。

エルゴの抱っこ紐

 

今や定番になっているエルゴの抱っこ紐をご存知でしょうか。

エルゴの中でも種類があって、新生児から使える OMNIシリーズやADAPTシリーズを初め、オーガニック制やLeeとのコラボレーションのものから定番のものまでと種類も豊富です。

 

新生児から使えないものでも、首が座るまでの新生児用のインサートも別売りで売っています。

実際私がはインサートは使用せず、首が座ってから使ったのですが腰や肩への負担がなく長時間使ってても楽でした。
赤ちゃんは抱っこされると泣き止むことも多く、抱っこ紐なしでは過ごせないというママは多くいるので、長いこと使うことを考えたら体への負担が少ないものがいいですよね。

 

買い物で両手が荷物でいっぱいな時も、楽々でした。成長していくと重たくはなりますので、ずっと楽々という訳にはいきませんが。

 icon-chevron-circle-right ダッドウェイオンラインショップ

流行に乗っかり、偽物を販売しているところもあるみたいなのでくれぐれも注意しましょう。
楽天で売られている約6割は正規品でないという記事もみつけました。
「激安 エルゴ」で検索すると偽物に辿りついてしまうかもしれないので、こればかりは自己判断で購入しましょう。

ババスリング

 

「ババスリング」はあまり聞いたことない人は多いのではないでしょうか。
こちらも抱っこ紐になります。新生児から使えて、色々な抱き方ができるのが魅力的です。

 

ママの心臓の近くで抱っこできることで、赤ちゃんに安心感を与えてます。

首や頭をしっかり支えてくれるので新生児から使えたり、ババスリングをしたまま授乳ができるので赤ちゃんはママにピッタリとくっつきお互いにもいいことがたくさんあります。

 

私は、出産前から「エルゴ」を買っていたのですが、抱っこしないと寝なかったので、抱っこが楽になればいいなと試しに「ババスリング」を購入しました。

これが、赤ちゃんの収まりよく、多分も包まれた感があってババスリングで抱っこするとピタっと泣きやみました。それから寝かしつける時は必ず使用していました。

ただ、首が座ってから「エルゴ」に移行してしまったので、期間限定となってしまいましたが、これがなかったら泣き止まないことに悩まされていたと思います。

 

そして、1歳半を過ぎたころ何故か「抱っこ」と、甘えるようになり、家事もほとんど出来なくなってしまった時に、ババスリングを使って見よう、と思い娘を抱っこしてみました。するとすごい喜んだのです。ちょっと重かったのですが、抱っこしなが掃除をかけてました。

ただババスリングは、必ず片方の手で支えてあげないと落下の恐れがあります。そのため片方の手で支え、片方の手で掃除機をかけてたので肩こりになってしまいました。

 

しばらくすると娘の「抱っこ」も落ち着いてきたので、また出番はなくなりました。

私のように使い分けるのもいいかもしれません。ママにとって赤ちゃんを育てるのに楽をした方がいいわけですから、赤ちゃんが産まれて、エルゴではダメかなとか不都合なことがあれば買い足せばいいと思います。

おしりふき

 

おしりふきは各メーカーたくさんの種類があります。
私もたくさんのメーカーの物を試しました。
その時に安いものを買って試した中で、「赤ちゃん本舗」のおしりふきが一番好きです。

各メーカー、おしりふきのほとんどが水99.9%で出来ているので、大して変わりないかなと思っていたのですが、中には薄っぺらいものや、取り出しにくいものもありました。

赤ちゃん本舗のおしりふきは厚手タイプもありますので好みで選んでみてください。

ほとんどのメーカが多くても80枚なのですが赤ちゃん本舗のおしりふきは90枚入っているので、それもお得です。
赤ちゃんはオシッコなウンチの回数が多いので結構使うんです。

私はおしりをふく意外にも、ちょっとご飯をこぼした時や、手づかみで汚れた時に使うので在庫が常に必要なくらい使います。

テーブルを拭いたり、掃除にも使えるので便利ですし。

常に必需品なのでネットでまとめ買いすると重たいものを運ばなくて済むので楽です。

 

  icon-chevron-circle-right アカチャンホンポ

おくるみ

 

おくるみとは赤ちゃんを包む大きめの布のことです。四角い布タイプだけに限らず、足の部分をいれられたりするもの、マジックテープでとめられるものと様々あります。

おくるみはどう使うのかというと、赤ちゃんを包むことが一番の目的とされています。

おくるみに巻かれると、ママのお腹の中にいた時と似ていて安心感が得られます。
泣いている時におくるみで巻いてあげると泣き止む赤ちゃんもいます。

娘の場合も、なかなか寝付けずグズグズした時におくるみで巻いてあげると嘘のよう静かに眠りはじめました。

眠くても眠れない赤ちゃんもいるので、巻いてあげて安心感を与えてあげるとぐっすり眠れるかもしれません。

毎日使うものなので、洗い替え用として最低でも2枚は持っておくと便利です。

そして、私がおすすめしたいのは、一枚の布(ガーゼ)でできているものです。
足入れがあるのも買って使ったのですが、成長すると使えなくなり、新生児すぎたらもう使うことはなかっので要らなかったかなと思います。

一枚布でできているものだと成長しても、おくるみとしてだけではなく、お昼寝した時などサッとかけられるので未だに使っています。

柄も豊富にあるので好みで選んでみてください。
私の使っていたおくるみ
リンク

哺乳瓶(ベッタ)

 

「ドクターベッタ」という哺乳瓶なのですが、普通の形と異なり、カーブがかかった変わった形をしています。

この形のおかげで、ママのおっぱいを飲む時と同じ姿勢でミルクが飲めます。
他にも、ミルクが器官に入るのを防いでくれたり、空気を飲みにくくするので、ゲップの軽減にもなります。

普通の形の哺乳瓶と併用していたのですが、飲んでいる時に、哺乳瓶を見ると空気の飲みが全然ちがうのが目に見て分かります。
普通の形の哺乳瓶だど、ミルクが減って行くほど乳首に向かって空気が入りやすいのですが、ベッタの哺乳瓶は傾いてるおかげで空気が入りにくくなっています。

 

そして、なんといっても柄がとても可愛いですし、キャップの色もカラフルなので見てるだけでも楽しくなります。
赤ちゃん本舗限定モデルもあったり、今ではムーミンデザインもあるみたいです。

   icon-chevron-circle-right ムーミンデザインを見てみる

哺乳瓶と一緒に揃えたいのが、お出かけに哺乳瓶を持っていくのに、哺乳瓶カバーです。
こみはらベッタの哺乳瓶が入る専用のものを選んでください。

まとめ

 

ここで紹介したものはほんの一部です。
これから産まれてくる赤ちゃんのために、あれこれ悩むのも楽しい時間です。

定番のものは用意しておいて問題ないと思います。買ったけど使わなかったなんてことも有り得ますが、買っておけば良かったと思うよりいいかもしれません。

実際赤ちゃんが産まれから使用してみないと商品の良さは分かりませんし、赤ちゃんの好みもありますので、ダメだったら赤ちゃんに合うものを買い足してあげるようにしてみましょう。

とにかくママが使って楽なもの、使い易いものが一番です。
楽をしないで無理をするとストレスも溜まってしまいますし、赤ちゃんのためにもストレスフリーなママでいたいですね。

-子育て

Copyright© 高齢でも妊活に成功ママと赤ちゃんに役立つお部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.