仕事 子育て

働くママの子どもとの時間と仕事への不安

投稿日:

 

今や働くママはとても多くなりましたよね。

女性の活躍の場が増えたことはとても喜ばしことです。

好きな仕事をしていたら、それはまた素晴らしいですし私からした尊敬です。

仕事は好きだけど、子育てもしなくてはならないママにとって、どちらかを犠牲にしなくてはいけない時もあるはずです。

子供が一番なのは分かるけど、仕事を犠牲にしたくない、なんて思ってしまうこともありますよね。
何故女性ばかりが、仕事を犠牲にすることが当たり前になっているのだろう、そんなことを思うママもいます。

もしくは、働かざるを得ずこどもを犠牲にしてしまう罪悪感を感じるママもいます。

労働時間を考える

 

フルタイムで働くママにとって、子どもとの時間は限られてしまいますよね。
そこで、これから紹介する制度を利用することも視野にいれてみましょう。

短時間勤務制度

3歳までの子どもがいる場合「短時間勤務制度」を申し出ることができます。

これは1日の労働時間を6時間までに抑えるのことができる制度です。1年以上雇用されている方が対象となります。

産後仕事復帰をしたのはいいけれど、慣れない子育てとの両立が難しい、と考えるママも多くいはずです。

その場合は、利用することも検討してみましょう。

ただし、時間が減った分のお給料は減ってしまいます。

短縮された時間に関しては保証されないので、お給料が減ってしまうのはとょっと、と考えてるママはフルタイムのままのほうがいいかもしれません。

所定外労働の免除

3歳までの子どもを育てる方が対象となり、残業の一切を免除してもらえます。

例えば、会社で決められた労働時間か8時間の場合、8時間を超えての労働は全て免除されます。

こちらも1年以上雇用されていることが条件です。

時間外・深夜業の免除

時間外労働とは、いわゆる残業のことで、小学校入学前のお子さんを持つ方にむけた、残業の免除です。

時間外労働の免除を申請することにより、1ヶ月に24時間以内、1年であ150時間以内に抑えることができます。

そして深夜業とは、22時から午前5時までの勤務のことで、免除を申請することができます。

注意したいのが、どちらもやはり1年以上の雇用があることが条件となります。

上記のように、利用できる制度を上手に利用して子どものと時間を優先してもいいかもしれませんね。

休むと会社に迷惑⁉

 

子どもを保育園に預けていると、年に何回か熱をだし仕事を休まなければいけないことも多いはずです。

特に冬場は感染症も多く、治ったと思ったらまた違う病気にかかってしまい、月の半分近くを休んでしまった、というママをたくさん聞きます。

 

私の息子(現在は20歳)は「扁桃腺炎」にかかりやすく、毎月のように休んでいました。それが1週間も熱が続くので、年間するとだいぶ休んでしまっていました。2週間連続で休んだこともありました。

このように長期に渡って休まなければならないこともあるわけです。

会社がそれを快く受け入れてくれる所ならいいのですが、嫌な顔をされたり、イヤミを言う上司もいます。

 

私の務めていたところは個人の医院だったのですが、全ての連絡を院長の奥さんにしなければはらず、散々イヤミを言われた覚えがあります。

それに加えブラックだったので、残業は当たり前で良く保育園のお迎えがギリギリになったり、小学校にあがると帰りが夜になることもありました。

子どもとの時間

 

前述に書いたように、 そもそも労働時間も曖昧で残業は当たり前でした。

当時、ひとり親だったため簡単に仕事を辞めるやけにもいかず我慢をしながら働いていました。

子どもとの時間もほとんどなく、帰ってご飯を食べて寝るような生活を送っていました。今でもずっと後悔していることの一つです。

そういったこともあったので、今2歳の娘とはたくさん一緒にいる時間を作ってあげたいと思っています。

 

働くにしても、子どもと十分な時間を過ごせるような働き方をしたいと思っています。

仕事と子どもを天秤にかけるわけではありませんが、子どもとの時間こそ大切だと思います。

まとめ

 

働き方はママそれぞれでいいと思いますが、私の経験から言わせていただくと、後から、後悔しても子どもとの時間は戻りません。

仕事が充実しているから子育ても頑張れると思うママもいるので考えるまでもないですが、私のようにブラックで残業続きで子どもを犠牲にしてしまうのならきちんと考えてみましょう。

そして子どもはいつ病気になるか分かりません。休むことを理解されないこともあるかもしれませんが、子どもが第一優先であることだけは忘れないでくださ

-仕事, 子育て

Copyright© 高齢でも妊活に成功ママと赤ちゃんに役立つお部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.