子育て

離乳食食べてくれなくても気にしない

投稿日:

離乳食の開始は5ヵ月になって、食べ物に興味を持ちはじめたらスタートのサインではありますが、必ずしもみんながみんな同じようにスタートをきれるとは限りません。

離乳食を始めたはいいけど食べてくれない、全く興味を示さない赤ちゃんもいます。

周りとくらべず、赤ちゃんのペースを優先させてあげましょう。

離乳食興味がない

一般的に5~6ヵ月頃から開始する離乳食。

よく、「興味を持ちはじめたら」といいますが、興味も持たない赤ちゃんだっているはずです。

そんな時まだ先でいいかなと思っていたら、「6ヵ月になってしまった、どうしよう」と焦ってしまうかもしれません。

もし、興味をもたないようでしたら、赤ちゃんの口にスプーンを口に入れてみることから始めてみてください。

べーっと、押し返すようならまだ初め時ではないのかもしれません。

 

赤ちゃんの成長は個人差があります。このことをいつも頭にいれて、周りと比べてママ自身が落ち込まないようにしましょう。

 

よくあるのが、ママがご飯を食べる時に赤ちゃんが一人で大人しい時にパパっと済ませてしまうことがありますが、これではママが食事をしている姿を見せることはできません。

ママが美味しそうに食べている姿を見せてあげることで、興味を持ってくれることもあります。

椅子に座れる赤ちゃんなら一緒に座って、ママや家族が食事している姿を見せてあげましょう。

 

私も忙しくて、キッチンで軽く済ませてしまうこともあったり、遊んでるうちにと済ませてしまったのですが、今後のことを考えて食事の時間はゆっくりすることを心がけました。

興味を持たせる方法

興味を持たなくても、いずれ赤ちゃんは食べるようになります。

前述で書いたように、食事をしている姿を見せて食べたそうにしてくれたら一番ですが、それでもだめそうなら、とりあえず作って目の前に置いてあげましょう。

これはなんだ?と手を出すと思います。

 

始めての離乳食は午前中がおすすめです。母乳、ミルクをあげるタイミングであげるのですが、ママの食事の時間と重ならないこともあるかもしれません。

そんな時はママも、軽く(ヨーグルやプリン等)食べれる物を用意し、食べる姿を見せてあげるといいです。

実際、食べはじめるようになったら必要ないと思いますので、始めのうち興味を持たせるためにもやってみてください。

最初は食べないかもしれないけど、これを繰り返すうちに食べる時はきます。

 

何も食べない子どもはいないので、そこまで心配する必要もないです。まだ、母乳やミルクから栄養はとれているので、深く考えすぎないようにしましょう。

いつになったら食べてくれるの?

こればかりは個人差がありますので、食べてくれないならママが諦めることです。

無理やり食べさせようとすれば、もっと嫌になってしまいます。

月例が進んできたなら、10倍粥からあげなくちゃとこだわらず、違うものをあげる工夫もしてみましょう。

 

娘の場合は、スープは好んで飲んでくれました。もしかして、お粥がすきではないのかもしれませんし、月例が進んでいるようなら汁物系からスタートするのもいいかもしれません。

 

考えられる理由の一つとして、スプーンが嫌なのかもしれません。

今までおっぱい、哺乳瓶の経験しかない赤ちゃんにとって、スプーンが口に入ることを拒むこともあります。

スプーンも種類が多くあるので、何種類か試してみるのもいいかもしれません。

ママができること

1歳近くまで全く食べなかったという赤ちゃんもよく聞きます。

その逆で離乳食は食べてくれていたのに、成長とともに食べなくなることだってあります。

ママが焦ったり、イライラすると子どもは敏感に察しますので更に食べなくなってしまいます。

 

どうせ食べないからと、作るのをやめてしまいたくもなりますよね。

その時は1週間くらい休んでみるのもいいと思います。

そして大事なことは、ママがご飯を美味しそうに食べ、「美味しい」など口に出すことです。

言っている意味は分からなくても、子どもに話しかけることは実は重要なのです。

こちらも参考に

私は自分が感じたことをずっと話しかけてました。それが影響したのか分かりませんが、2歳ちょっとの娘はベラベラよくしゃべります。

食べることに興味を持てるように、めげずに続けましょう。

「いつかは食べる」、そのくらい気楽に考えましょう。

ママは何も悩むことはありません。

まとめ

離乳食は、徐々に食べることに慣れさせるためのものです。

いずれ食べることを覚えていき、食べてくれる日は必ずきます。

今では、たくさんの種類の離乳食が売られています。たまには、手を抜くことも大事です。

無理強いをしたり、周りと比べて焦ったりせず、子どものペースに合わせてあげられるようにゆったりとした気持ちでいましょう。

子育て全般で言えること、みんな同じように上手くいくとは限らないことです。

楽しみながら子育てをしましょう。

-子育て

Copyright© 高齢でも妊活に成功ママと赤ちゃんに役立つお部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.