ダイエット

【ダイエット】食事置き換えで痩せる!?

投稿日:

「ダイエット」とと聞いて、何をしたらいいのか、何をすれば痩せるのかと悩むことも多いはずです。

太ってしまった原因を考えて、これから痩せるにはどうしたらいいのか考えてみましょう。

食事制限だけ、運動だけと、どちらかに頼るのはよくありません。

運動しているから好きな物を食べても大丈夫だろうと勘違いしてる方もたくさんいます。

要はバランスが大切だと言うことです。

ここでは、どのように食事にきをつけ、どのようなダイエット法を行えば良いかをご紹介します。

カロリー表示を見る

 

年代、体格によってまた細かくちがいますが、女性の一日に必要な摂取カロリーは1600kcal~2000kcalが平均です。

食べたものをいちいちカロリー計算すのはとても大変なことです。そればかりを気にしているとストレスにもなってしまいますよね。

スーパー、コンビニなどで売られているものはカロリーが表示されているものはたくさんあります。それを利用するのです。

 

私がやっていることは、例えばお昼、コンビニで買うとしましょう。

お弁当のほとんどにカロリーが表示されているので、必ずそれを見るようにしています。

パン、おにぎり、デザート、お菓子、カップラーメンのほとんどにカロリーは表示されているので、食べたいなと手に取った時にカロリーをチェックします。

そうすることで罪悪感を覚えさせるのです。これを食べたらこんなにカロリー摂取になってしまうのかと、一度考えるのです。

 

朝、手軽にパンを食べようとよく買うのですが、こんなに小さいのにこんなにカロリーが高いのかと驚きます。

500kcalもあるパンを手に取った時は諦めます。

デザートにしてもたべたいなと思っても、カロリーを見てこんなにするんだなと、諦められることができるのです。

このように少しずつ気にする週間をつけると、諦めることができるようになってくるかもせれません。

普段気にしないことに目を向けて、いつもこんな高カロリーなものを食べていたのかと、罪悪感に襲われることで意外と成功します。

糖質オフダイエット

 

「糖質オフダイエット」とは、糖質を制限することで痩せやすなるというダイエット法です。

最近では、「糖質オフ」という食品をよく目にしませんか。

この糖質を多く含む食べ物は、私たちが主食としているお米、パン、麺類に多く含まれています。

もちろん砂糖、芋類にも多く含まれています。

 

糖質を制限するには全く食べないほうがいいの?と、思うかもしれませんが、全く食べないこともとても危険です。

糖質は重要なエネルギー源の一つになるものです。脳や神経の活動を活発にするエネルギー源でもあるため、糖質を全くとらないとなると、脳に栄養素がいかなくなるため、倦怠感や眠気に襲われることになります。頭がぼーっとした状態になってしまうため、普段生活する上で支障をきたしてしまいます。

 

太る原因として、糖質の取りすぎが考えられますので、この糖質を減らしていけばいいわけです。

ご飯の量を減らす、パン、麺類を食べる回数を減らすなどをしましょう。

それに加え、間食も糖質を制限する食べ物を選ぶことです。甘いケーキ、ドーナツはやめ、無糖のヨーグルをたべたり、いまでは低糖質のチョコレートなどもありますので我慢できない時は、「糖質オフ」と表示されたお菓子にしましょう。

特にナッツ類はおすすめです。

低糖質だから大丈夫だといって、食べすぎることはしないようにしましょう。

置き換えダイエット

 

「置き換えダイエット」とは、一日のうち何色か低カロリーのものに変えるというものです。

一日の総摂取カロリーを抑えることで体重を落としていく方法です。

最初は無理のない1食を置き換えることをおすすめします。急に2食も置き換えようとすると、空腹感であとの1食で食べ過ぎてしまう可能性もあります。

一番は夕食を置き換えることが理想ですが、自分のできそうなところから始めてみましょう。今日は夕食、明日は昼食などと負担にならない範囲で行ってみください。

 

では、どんなものに置き換えればいいのでしょう。

低カロリーだけど、栄養が取れるものに置き換えることが理想です。

例えば、バナナ、豆腐、寒天、そしてこんにゃくで出来た麺類などがあります。

しかし、毎回決まってきてしまうと飽きてしまいます。

 

私は手っ取り早く、市販のものを利用しました。

 icon-angle-double-right  私の使っている置き換えジュエル

必要な栄養も取れるし、満腹感も得られるのが魅力的です。

とは言ってもずっと続けてると飽きるので、たまには低カロリーの食事にするなど工夫をしました。

お嬢様酵素Jewel

プチ断食

 

「プチ断食」とは、1週間のうち1日~2日だけ水分以外は摂らないことです。

私は2日は限界がきそうなので、1日だけ断食にチャレンジしたことがあります。水だけでは物足りなさを感じて、我慢ができそうになかったので、スープや野菜ジュースなども飲んでいました。

 

最近では有名な「酵素ドリンク」も取り入れたり、栄誉面でも気をつけるようにしました。

「断食」はダイエットだけではなく、健康面、美容にも効果もあります。

食事を採らないことで、胃腸をやすませてあげることができます。

消化吸収を休ませることによってデトックス(毒素排出)効果があります。

今まで溜まっていた毒素を出すことによって美肌効果もあるというわけです。

ここで注意してもらいたいのが、急に今日は何も食べないということはせず、前日から少しずつ食べる量を減らし事前準備をします。

食事の量が急激に変化すると胃への負担がかかります。

そして、断食が終わった次の日も急に食べるのではなく、胃に負担の少ないものから口にしましょう。おかゆから始めるのがいいですね。

 

 icon-angle-double-right 私が即痩せしたジュエル

「断食」は短期的に体重を落とすことはできても、普通の食生活をすればまた元にもどります。どちからというと、急に痩せなければいけない予定がある人におすすめです。

 

前述に書いたダイエット方法と組み合わせる分には効果的ではありますが、断食単体でのダイエット効果は期待できません。

まとめ

 

ダイエットは永遠の課題ともいえる人も多いはずです。

その中で自分にあったダイエット方法を見つけたり、組み合わせたりすることで効果も期待できます。

そして、食事だけに頼らず、軽い運動からでも構いませんので一緒に取り入れることで、効果も現れやすくなります。

ご自身の体調と相談しながら、無理のないダイエット法を行いましょう。

-ダイエット

Copyright© 高齢でも妊活に成功ママと赤ちゃんに役立つお部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.