妊娠・出産 子育て

妊娠出産、子育てに年齢は関係ない

投稿日:

 

私自身が10代、30代で妊娠出産をしていおり、一番の違いは歳を重ねることで知識も豊富になり、心の豊かさがだいぶ変わったことです。

「若いのに大丈夫?」、「その歳で産むの?」とか周りの心無い言葉は気にせず妊娠生活、子育てを楽しんでほしいです。

年齢の壁?誰かが勝手に作っただけでしょ。

自分は自分、人と比べて子育てに自信を無くす人は沢山いるのではないでしょうか。

10代の私ははまさにそんな感じでした。

今は全然周りの目を気にしません。

私の子どもであって、周りの人に"どうこうしなさい'と言われることがおかしなことなのです。

10代での妊娠出産

10代での妊娠出産と聞くと、否定的な考えの方のほうが多いと思われます。

10代で望まない妊娠で「人口中絶をする人は一日で35人」と書いてある記事もありました。

若さ故に、後先考えていないのは事実なのかもしれませんが、私も経験者としてその一人だったということです。

 

中には相手に話すと、オレには関係ないというような態度を取る人だっていて、辛いのは女性ばかりのような気もします。

お腹もどんどん大きくなり、周りの目だって気になりはじめます。

実際私も、「まだ若いのに…育てられるのかしら」そんな声が聞こえてくるような気にもなりました。

人と会うののを避けるようになり、不必要に外を出歩かなくなりました。産婦人科へ行くのだって、周りの妊婦さんの反応がこわかったですし、先生や助産師さんに毎回どう思われてるのだろうか、ということばかり考えていましたしね。

 

もしあなたが10代でこれを読んでいるなら、そういう気持ちになってしまうのは私の経験から痛いほどわかります。でもね、早いうちに産んだからこそのメリットだって沢山あります。

 

いちいち周りを気にしていたら、生まれてきた子どもにだって影響が出てしまいます。

周りの目が気になって、外へ出ることを避けてたら子どもは人と触れ合うことを学べません。人とのコミニュケーションで成長する部分は沢山あります。

言葉もその一つです。

勇気を出して、堂々としてればいいんです。

誰にだって母親になる権利はあるのだから。

30代での妊娠出産

10代で出産後、旦那のDVで離婚をし、ひとり親として息子を育てていました。

その後、再婚し36歳の時に妊娠が発覚し、その年に娘を産みました。

30代での妊娠は10代の時と比べて心身共に穏やかでした。年齢を重ねたことで、心の持ち用というのはかわってきます。

 

実際10代での子育ての時は母のアドバイスなしではできないことも沢山ありました。

30代では二人目ということもあるかもしれませんが、「何とかなる」、「まーいいかな」といつも思うようになっていましたしね。

ここで言いたいことは、出産する年齢は関係なく子育ては100%うまくいかないということ。

 

昨日は寝てくれたのに、今日は寝ないとか、この前は食べてくれたものが、今度は食べないとか当たり前にありますからね。

そしてみんなが同じように成長するわけでありません。私だって、上の子と下の子とでは全然違いますから。

お兄ちゃんの方が大人しかったのに、娘のほうがお転婆でいつも走り回ってるし、食べ物の好みも食べ方一つだって違います。それを比べてたって仕方ないでしょ。

 

どんな性格だろうが、周りと違ったっていいじゃないですか。その子の個性を愛せるママでいてください。

 

「若いから」、「その歳で」とか関係ありません。

できることは年齢関係なくおなじです。

子育て

私はお兄ちゃんはもう今年、成人になりました。下の娘は2歳になったばっかです。一人の子育てが終わり、今は娘だけに集中できます。娘からしたら一人っ子みたいな扱いです。

 

息子の成長はあっという間でしたね。

一人の子育てを終えているからこそ、下の娘に対しては、お兄ちゃんを育ててきたことを反省しながら子育てしています。

まず仕事をしながらと、専業主婦とでも違いは出てきますよね。お兄ちゃんの時は、一人で養わなくてはいけなかったので仕事メインだったこと。それは申し訳ないと、いまでも思います。後回しにしていた自分を反省しながら、今はいつでも娘と向き合い、何がしたいのか、どうしたいのかを受け止めることができます。

 

 

子育てアドバイザーではないので、偉そうなことは言えませんが、まず子どもの意見を聞いてあげる。それが間違っていたとしても、まずは受け止めるのです。

例えば、ご飯を「食べない」と言ったとしましょう。大抵のお母さんは「食べなさい」と言うと思います。それを「食べたくないね」と共感してあげることで、自分を認めてくれたと子どもは感じるみたいです。

それから「でもね、食べないと後でお腹すいちゃうよ」などその子のやる気になる言葉をかけてあげるといいです。

否定からはいってはいけないということです。まず共感からしてみてください。その時も心に余裕がなければできませんので、いつも余裕をもてるように努力してみてください。

 

子育てに焦りは禁物です。

年の差兄弟

上の子と下のことで18歳離も離れている年の差兄弟です。

お兄ちゃんが18歳の時に下のが産まれたのですが、よく考えてみればその歳にはお兄ちゃんを産んでいるんですよね。

例えばお兄ちゃんがその歳でお父さんになると言ったら?反対してしまうだろう….それだけ、両親は子どものことを心配してるんだよね。

 

実際、18歳も離れていると、娘もお兄ちゃんってこと分かってるのかな?「にいに」とは読んでるけど、離れすぎて子ども同士遊ぶということからかけ離れてしまう。遊んではくれるけど、ママやパパと遊ぶ感覚と同じだよね。

 

今は、娘に弟か妹を作ってあげたいと思ってます。すでに38歳だけど、こういうことも周りをきにしないでいられるか。人と比べたり、世間体を気にしたところで、自分が幸せと思えることが一番でしょ。

感謝

両親に感謝

それを私は10代で気づけるわけもなく、子育てをしていく中で気付かされるんですよね。

若くして産むということは、そこに気づけないということが欠点かもしれません。10代なんてまだ子どもでしょ。親に常に感謝してる人のほうが少ないと思う。だから若くして産むことは悪くはないけど、子育てをしていく中で親の気持ちが分かる人になってほしい。心の成長ができる人になってほしい。

 

子どもに感謝。

18歳にもなり高校を卒業する年にほっとしたのを覚えています。

私の役目も一つ終わった…なんて思っていた時に、妊娠。

 

もう子どもはいいかなって思った時期もありましたけど、今娘がいることが幸せであり感謝です。そして、か子どもの成長と共に親である自分も成長していけることに感謝しかありません。

まとめ

若いママだからダメだなんて思わないでください。もう歳だから次の子を諦めようなんて思わないでください。

 

年齢に関係なく自分らしくいればいいですよ。

こうして長年、子育てをしてきたからこそアドバイスできますが、これから出産する方も子育て中の方も、子どもに感謝しながら生活してみてください。

あなたがいなければ…と沢山のことに気づきます。

 

怒ってばかりがママではないはずですよ。子どもだって、ママに褒められたいといつも思っていますよ。

ママも誰かに褒められたいですよね。自分で自分を褒めてあげればいい。私よくやってる。頑張ってるって。

子育ては自己満でいいのです。最低限のマナーは教えてあげて、後は自分らしい子育てをすればいいとおもいます。何でもかんでもネットで調べて型にはめ込もうとしてませんか。

 

そんなに頑張らなくていいんじゃないですか。

私はいつだっていい意味で適当です。そのくらいでいないといつか爆発してしまいます。

-妊娠・出産, 子育て

Copyright© 高齢でも妊活に成功ママと赤ちゃんに役立つお部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.