妊娠・出産 妊活

ベジママ 妊娠中に飲んだ方がいい理由 妊娠糖尿病に効果的?

投稿日:

ベジママは妊活のためだけのサプリだけではないんです。

もちろん妊活のために飲まれる方も多くいますが、ベジママを飲んで妊娠した人たちの中でも飲み続けている方がほとんどです。

その答えが、妊娠中には珍しくない妊娠糖尿病の予防に繋がるからです。

私はこの間の検診で、血糖値が高いと指摘され糖尿病検査をすると言われたばかりです。

ベジママは妊娠中の糖尿病に効果的だったのです。

私も妊娠中の糖尿病を甘くみてはいけないと、血糖値を下げるために早速ベジママを取り寄せましたよ。

そんなベジママが妊娠中の糖尿病に期待できるのかを調査してみることにしました。

 

⇩⇩妊娠糖尿病の予防に効果的なベジママ⇩⇩

ベジママ  妊娠中におすすめな理由

 

ベジママは妊活中の女性におすすめとされて販売されていますが、ベジママに含まれるピニトールという成分が妊娠中も飲むべきだということが分かりました。

いま、注目を集めているピニトールは、多嚢胞性卵巣症候群(pcos)の改善に効果的とも言われ、マカでは効果があがらなかったなどの妊活中の女性には多く飲まれています。その、ピニトールが糖尿病の予防に効果が期待できる成分とされています。

糖尿病予防なら別にベジママは妊娠中には必要ないじゃん、と思われる方もいるかと思います。

しかし、妊娠中は糖尿病にかかりやすく8人に1人はなるとされるほど確率は高いのです。

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病は、妊娠の影響でインスリンのはたらきが低下することで起こります。

妊娠中は複数のホルモンの影響を受けインスリンの働きが徐々に低下してしまいます。そのため、妊娠中は血糖値が高くなりやすいのです。

糖尿病と比べると妊娠糖尿病は軽症ではありますが、肥満や高齢妊娠が原因とも言われています。

34歳以上の妊婦では約8倍にまで増えているそうです。今回私が引っかかっのも、この高齢妊娠が関係しているのかもしれません。

妊娠糖尿病になりやすい人

・糖尿病の家族がいる

・肥満

・妊娠中に体重が急増した

・高齢出産

・巨大児を出産した既往がある

血糖値が高いと妊娠糖尿病の予備軍

 

私は初期の血液検査で血糖値が高めと指摘を受けてしまいました。糖尿病の検査をするから近いうちに来てね。と言われました。

今回3人目の妊娠なのですが、今回はじめて血糖値が高いと言われたわけです。

血糖値が高い人のイメージとして、太っている人、甘いもの好きというイメージがずっとあったので、まさか自分自身の血糖値が高いなんて信じられませんでした。

妊娠が発覚してから特に甘いものばかり食べた覚えもないし、もともと痩せ気味なので糖尿病予備軍になるとは思ってなかったので相当のショックでした。

検診が終わってからも頭の中はパニックでした。赤ちゃんへの影響が一番心配になりました。

赤ちゃんへの影響は?

妊娠中に糖尿病になると赤ちゃんへの影響はどんなものがあるのかを知っておいたほうが、予めベジママで妊娠中の糖尿病を防ぐことの大切さがわかるはずです。

妊娠糖尿病で一番こわいのは合併症です。血糖値が高いままでいると、お母さんの血液中のブドウ糖は胎盤を通って退治に運ばれます。インスリンは成長ホルモンでもあるため、多すぎると赤ちゃんが成長し過ぎて巨大児になったり、合併症の原因になります。

退治・赤ちゃんへの影響

・巨大児

・心臓の肥大

・先天奇形

・黄疸

・低血糖

母体への影響

・早産

・妊娠高血圧症候群

・羊水過多症

・尿路感染症

ベジママで妊娠中の糖尿病を予防

 

上記のように赤ちゃんへに影響を与えてしまう、こわい妊娠糖尿病は防ぐことが可能です。

私は妊娠糖尿病は本当にこわいものだとわかってから、血糖値を下げるサプリやお茶を検索しまくりました。

その時にベジママの存在を思い出しました。と、いうのも妊活を始める際に妊娠しやすくするサプリメントや成分は徹底的に調べていたからです。

ネイチャーメイド、DHC、AFCmitete、ベルタ、マカナ、ララリパブリック、ディアナチュラなど有名な商品の知識は知り尽くしているほどだったので、ベジママのピニトールのことをすぐに思いだすことができました。

妊活中は別のサプリメントを飲んでいたのですが、妊娠に気づいた時点でベジママを飲用しておけばよかったと後悔したので、もし、あなたが妊娠中でベジママを飲もうか悩まれているのであれば妊娠糖尿病の予防に繋がるピニトールが入っているので是非飲んでおいてほしいです。

ピニトールは血糖値の上昇を抑えてくれるので、普段から飲用していると血糖値の上昇を抑えてくれるので妊娠糖尿病の心配も少なくなるのです。

ベジママ 妊娠超初期に飲んでも問題ない?

 

不妊のためベジママを飲用されていた方が妊娠に気づかずベジママをのんでいても問題ないのか?という質問が多くありますが、ベジママは妊娠超初期に飲んでも全く問題はありません。

妊娠初期はもちろん妊娠中、授乳中に必要な成分がはいっているので、ベジママを妊娠中に飲むことが望ましいと言えます。

特に妊娠超初期には、厚生労働省も推奨する葉酸の栄養素が含まれるためベジママを飲み続けていると赤ちゃんに栄養を自然と与えることができるので妊婦さんも安心です。

葉酸が不足することで、先天性障害を防ぐ確率が減ってしまいます。ベジママは吸収率の高いモノグルタミン酸型の葉酸を利用しているので、体内に効率良く補給できます。(ポリグルタミン酸では吸収率が悪い)

ベジママ 妊娠糖尿病に良い成分

 

ベジママが妊娠中の糖尿病に良いとされる成分は主にピニトールです。そしてもう一つ、ルイボスです。

その他、それらをサポートする何種類かの成分も配合されていますので合わせてチェックしておきましょう。

ピニトール:ピニトールを摂取すると血液液内の糖が筋肉のエネルギーとなって、消費されることで血糖値の上昇を抑える効果がある。糖のエネルギーの変換を促す作用。ピニトールは野菜のアイスプラントなどの食物に含まれる。

含有量:260mg

ルイボス:ルイボスティーの原料で、還元作用が高く、亜鉛・マグネシウムなどの豊富なミネラルを多く含む。ルイボスティーを食事中に摂ると食後の血糖値の上昇を抑制し、血液中の尿酸値を減少する効果がある。

含有量:50mg

ベジママその他の成分

葉酸・ビタミンE・ビタミンC・ビタミンB12

を配合

原材料

ピニトール、還元麦芽糖水飴、

ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス)、

アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、

結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、

ビタミンB2、バントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

ベジママ  妊娠中はいつまで飲めばいい?

 

ベジママは妊活中から飲まれる方も多いのですが、妊娠が発覚したら目的を果たしたからといって辞めてしまう方もたまにいるようです。ベジママは妊娠の糖尿病にとても効果的であることから、私のように糖尿病になんてならないと軽い気持ちでいたらなってしった時には後悔しかありません。

できれば出産が終わるまでは飲み続けておくことが予防に繋がります。

妊娠中の糖尿病の予防として妊娠が発覚してから飲まれる方も同じように妊娠中期・後期と飲み続けましょう。

つわり中も飲みやすい直径約8mmサイズの粒タイプとなっていて、においも気にならないのも評判です。

産後、母乳育児にこだわるママは栄養を摂れるか悩みも多く愛用し続ける方もいるようです。

また飲み方のタイミング(目安)としては、ベジママは薬と違っていつ飲まれても問題はありません。ご自分のタイミングで飲み物は水か白湯で飲まれてください。

他にサプリメントを飲んでる方も併用は問題ないようです。

ベジママ 妊娠中以外の多嚢胞の口コミ

 

ベジママを妊娠中以外でも、妊活中に使用した方のレビューも気になるので集めてみましたよ。

ベジママを飲んで多嚢胞性卵巣症候群でも妊活できた、という方の口コミを見つけました。

それ以外で多かった口コミは、基礎体温が安定してきた、高温期が長く続くようになったという意見が多かったのが印象的です。

基礎体温が安定してきたということは、妊娠しやすカラダに近づいてきている証拠です。

多嚢胞性卵巣症候群と診断された方は排卵がされていない可能性もあるので、このように高温期が続くようになったということは、排卵がされるようになってきたとも言えるかもしれません。

基礎体温が安定したいことには妊娠はしにくいとされているので、ベジママで妊娠しやすいカラダの基礎ができるので妊活をしている方にはオススメですね。

 icon-caret-square-o-right 合わせて読みたい ベジママの詳しい口コミ

ベジママの特徴 魅力 ポイント

 

・あえて鉄分やカルシウムを配合せず、必要な成分だけを配合

・当製品はアイスプラント原料を国内の環境を制御することのできる基準を満たした自社植物工場にて栽培

・国内のGMP工場にて製造から出荷まで徹底した品質管理

・プライバシーを配慮した梱包

・満足いただけない場合は無期限の返金保証

・男性でも飲める

・美容効果も期待できる

・会員ページから色々な情報を手にできる

ベジママ 購入先

 

ベジママは通販以外での販売はしていません。楽天市場、Yahooショッピング、Amazonでの販売がありました。

楽天価格:7.598円+送料無料

Yahoo価格:6.980円+送料無料

Amazon価格:5.120円+送料無料

3箇所とも、1番安いお店の金額となりますが、どこも公式サイトに比べて高いです。

通常価格5.500円に対して楽天、Yahooショッピングに関してはそれより上乗せしての販売となっていました。

この3箇所で購入するのであれば、Amazonのプレミアム会員を無料体験してしてお急ぎ便(スピード配送)で注文するのが1番お得でしょう。

しかし、それでも高いといえます。一番お得に買えるのが公式サイトとなっています。

公式サイト価格:定期ママ活応援プラン 初回限定 2.750円(税別)+送料無料

2回目以降:4680円(税別)

公式サイトの買い方としては定期便の申し込みとなってしまいますが、万が一合わなかった場合は返金保証もついているので安心して申し込むことができます。

公式サイトよりも下記のような概要説明がありました。

当社はベジママには絶対の自信をもっておりますが、もしあなたがお使いになられて満足行くものでなかった場合には購入後の期間に一切関係なく、いつでも商品代金を全額返金させていただく「期限なしの100%満足保証」を作らせていただきました。

ベジママ定期コースの初回分だけが返品の対応となりますので注意してください。

 

 

⇩⇩初回格安購入は公式サイト⇩⇩

 

ベジママ 解約方法

 

ベジママは定期便でお届けとなりますが、各社でよくある回数縛りというものがありませんので気軽に購入することができるのでありがたいです。

ベジママは妊娠中・妊活中には継続して飲まれることが望ましいですが、症状がよくなったなど様々な理由から解約をしたい場合にはいつでも可能となっています。

また、3ヶ月まででしたら休止も可能なので飲み忘れなどで一旦お休みしたい場合にはとても助かりますね。また、3ヶ月いないであればいつでも再開ができます。

運営者

販売元 関西鉄工株式会社

お問い合わせ先 0120-149-035

まとめ

 

妊娠中の糖尿病は食生活を見直し食べ物には今まで以上に気をつけなければいけませんね。

バランスの良い食事と適度な運動、規則正しい生活を心がけるだけでも血糖値の上昇を抑えてくれます。

妊娠中の運動はおすすめとされていますが、お腹に影響のない範囲で行わなければいけませんし、食品の選択もなかなか難しいのではないでしょうか。

バランスの良い食事を取り入れながらも、ベジママで妊娠中の糖尿病の予防をしてみてはいかがですか。

妊娠糖尿病が酷い場合は治療も取り入れなければいけなくなっていまうほど、赤ちゃんへの影響は大きいです。お母さんが一つでも気をつけることが増えれば防ぐこともできるはずです。

私も早速飲んで、糖尿病検査(再検査)までに血糖値が下がるか実感できればと期待しています。

また、その報告もさせてもらいますね。

-妊娠・出産, 妊活

Copyright© 高齢でも妊活に成功ママと赤ちゃんに役立つお部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.